県外大学受験時に高校生だけで泊まるおすすめホテルの選び方と注意点

県外大学に受験する場合は、高校生一人でホテルに宿泊しなければいけない機会がやってきます。

しかし・・・

「県外大学の受験時に高校生だけでホテルに泊まれるの?」

という疑問が出てきますよね。

結論から言うと、高校生だけでもホテルに泊まることは可能です。

しかし、ホテル側から親権者の同意書を求められることがほとんどです。

そこで当記事では、高校生だけでホテルに宿泊する際の予約方法や注意点、受験時におすすめのホテルの選び方をご紹介します。

もくじ

高校生だけでホテルに泊まるには親の同意書が必要

高校生だけでもホテルに宿泊可能です。

ホテル予約サイトに、学生プランや受験応援プランがあり、大人よりも安いです。

しかし、高校生だけでホテルに泊まる場合は、ほとんどの宿泊施設で「親権者の同意」が求められます。

電話などで口頭で対応してくれる宿泊施設もありますが、後で揉めないように「同意書」を提出しておくと安心です。

なお、同意書は、ネット予約時にダウンロードできる宿泊施設もありますが、自分で用意しなければいけない宿泊施設もあります。

自分で用意しなければいけない場合は「同意書 テンプレート」などのキーワードでGoogle検索し、ダウンロード後に印刷して利用すれば問題ないです。

【要注意】宿泊施設が用意している「同意書」しか認められないこともある

宿泊施設によっては、宿泊施設が用意している同意書しか認めていないこともあります。

それを知らずに、高校生だけでチェックインする際に、自分で用意した同意書しか持っていないことで宿泊を断られることが稀にあります。

そうなると、新たにホテル予約をしなければならず、かなり大変なってしまいます。

宿泊施設によって対応が異なるので、事前に確認しておきましょう。

高校生だけでホテルに宿泊する際のホテル予約方法

全部で4ステップあります。

  1. 学生プラン・受験応援プランを探す
  2. 予約前にホテルに問い合わせてみる
  3. 親に同意書を書いてもらう
  4. ホテルに同意書を提出する

各ステップごとに詳しく解説します。

STEP
学生プラン・受験応援プランを探す

ホテル予約サイト内の検索窓で「学生」「受験」などのキーワードで検索してみてください。

すると、学生限定プランや受験生限定プランがたくさん出てきます。

大人用のプランに比べて安くなっていることが多いので、お得に予約できます。

STEP
予約前にホテルの注意事項を読むor問い合わせてみる

予約するホテルを3つくらい候補を挙げておきます。

そこで、各ホテルに「高校生(未成年)だけで泊まる」ことについての注意事項を確認してください。

もし、注意事項が書かれていない場合は、ホテルに電話やメールをして宿泊の可否、同意書などについて細かく聞いておきましょう。

STEP
親に同意書を書いてもらう

同意書が必要な場合は、親権者に同意書を書いてもらいます。

ホテルが用意している同意書の様式ではいけない場合があるため、しっかり確認の上、作成します。

念のため、コピーを取っておきましょう。

STEP
ホテルに同意書を提出する

宿泊当日、ホテルのフロントでチェックイン時に、同意書を提出します。

同意書提出の際に、同意書を書いた親権者宛にホテル側が確認の電話をすることもあります。

予約サイトによっては「クーポン」などが配布されているため、上手に活用すると、もっとお得です!

失敗しないホテルの選び方

以下5つを抑えておけば間違いありません。

  1. 受験会場からなるべく近くにあるホテル
  2. 近くに歓楽街がないホテル
  3. 個室のみのホテル
  4. レビュースコアが低すぎないホテル
  5. 客室に勉強できる机があるホテル

「安さ」だけで選ぶと取り返しのつかないことに…!

受験会場からなるべく近くにあるホテル

特に、受験のために宿泊する場合は、受験当日に遅刻なく会場に行くのが大切です。

というのも、意外と遅刻が原因で受験に落ちることが多いのです。

慣れない土地に一人で行く場合は、電車に乗り遅れたり、乗る電車を間違ってしまうと遅刻の原因になります。

特に地方から東京や大阪に行く場合は、電車の乗り方に戸惑う人が多いです。

なるべく遅刻のリスクを取り除くために、受験会場から近いホテルを予約しましょう。

電車の乗り換えがない、徒歩で行けるなどが理想的です。

近くに歓楽街がないホテル

歓楽街が近くのホテルは、何かとトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

そのため、予約しようと思っているホテルの周辺情報を確認してから予約するようにしましょう。

とはいえ、土地勘のない場所だと判断ができないと思います。

その際は「〇〇ホテル 周辺情報」などとGoogleやホテルのクチコミを調べてみましょう。

個室のみのホテル

学生プランなどでは、個室のみのホテルではなく、ドミトリー型のゲストハウスのようなホテルもあります。

確かにビジネスホテルよりは安いことが多いですが、騒音がうるさい・勉強できる机がないなど、勉強に集中できる環境ではないので、あまりお勧めできないです。

できれば、個室のみのビジネスホテルを最低ラインで検討してみてください。

リラックスできるように、大浴場があるビジネスホテルだと受験生にとって最高の環境だと思います。

例えば、低価格にも関わらずキレイな個室で大浴場がある「ドーミーイン」というビジネスホテルなどは人気があります。

レビュースコアが低すぎないホテル

ホテル予約サイトのレビュースコアは必ず参考にしてください。

かなり精度の高い情報源です。

レビュースコアが低いホテルは、やはり居心地が悪かったり、客室内が汚い・臭いなど環境的によくないことが多いです。

客室に勉強できる机があるホテル

ほとんどのビジネスホテルには、勉強できる机が客室内にありますが、ないホテルもあります。

机がないと勉強できないので、予約前に机があるか確認しておきましょう。

まとめ

親権者の同意書は絶対に用意しましょう。

また、ホテルを選ぶときは、以下5つは必須です!

県外大学に受験する場合は、高校生一人でホテルに宿泊しなければいけない機会がやってきます。

しかし・・・

「県外大学の受験時に高校生だけでホテルに泊まれるの?」

という疑問が出てきますよね。

結論から言うと、高校生だけでもホテルに泊まることは可能です。

しかし、ホテル側から親権者の同意書を求められることがほとんどです。

そこで当記事では、高校生だけでホテルに宿泊する際の予約方法や注意点、受験時におすすめのホテルの選び方をご紹介します。

高校生だけでホテルに泊まるには親の同意書が必要

高校生だけでもホテルに宿泊可能です。

ホテル予約サイトに、学生プランや受験応援プランがあり、大人よりも安いです。

しかし、高校生だけでホテルに泊まる場合は、ほとんどの宿泊施設で「親権者の同意」が求められます。

電話などで口頭で対応してくれる宿泊施設もありますが、後で揉めないように「同意書」を提出しておくと安心です。

なお、同意書は、ネット予約時にダウンロードできる宿泊施設もありますが、自分で用意しなければいけない宿泊施設もあります。

自分で用意しなければいけない場合は「同意書 テンプレート」などのキーワードでGoogle検索し、ダウンロード後に印刷して利用すれば問題ないです。

【要注意】宿泊施設が用意している「同意書」しか認められないこともある

宿泊施設によっては、宿泊施設が用意している同意書しか認めていないこともあります。

それを知らずに、高校生だけでチェックインする際に、自分で用意した同意書しか持っていないことで宿泊を断られることが稀にあります。

そうなると、新たにホテル予約をしなければならず、かなり大変なってしまいます。

宿泊施設によって対応が異なるので、事前に確認しておきましょう。

高校生だけでホテルに宿泊する際のホテル予約方法

全部で4ステップあります。

  1. 学生プラン・受験応援プランを探す
  2. 予約前にホテルに問い合わせてみる
  3. 親に同意書を書いてもらう
  4. ホテルに同意書を提出する

各ステップごとに詳しく解説します。

STEP
学生プラン・受験応援プランを探す

ホテル予約サイト内の検索窓で「学生」「受験」などのキーワードで検索してみてください。

すると、学生限定プランや受験生限定プランがたくさん出てきます。

大人用のプランに比べて安くなっていることが多いので、お得に予約できます。

STEP
予約前にホテルの注意事項を読むor問い合わせてみる

予約するホテルを3つくらい候補を挙げておきます。

そこで、各ホテルに「高校生(未成年)だけで泊まる」ことについての注意事項を確認してください。

もし、注意事項が書かれていない場合は、ホテルに電話やメールをして宿泊の可否、同意書などについて細かく聞いておきましょう。

STEP
親に同意書を書いてもらう

同意書が必要な場合は、親権者に同意書を書いてもらいます。

ホテルが用意している同意書の様式ではいけない場合があるため、しっかり確認の上、作成します。

念のため、コピーを取っておきましょう。

STEP
ホテルに同意書を提出する

宿泊当日、ホテルのフロントでチェックイン時に、同意書を提出します。

同意書提出の際に、同意書を書いた親権者宛にホテル側が確認の電話をすることもあります。

予約サイトによっては「クーポン」などが配布されているため、上手に活用すると、もっとお得です!

失敗しないホテルの選び方

以下5つを抑えておけば間違いありません。

  1. 受験会場からなるべく近くにあるホテル
  2. 近くに歓楽街がないホテル
  3. 個室のみのホテル
  4. レビュースコアが低すぎないホテル
  5. 客室に勉強できる机があるホテル

「安さ」だけで選ぶと取り返しのつかないことに…!

受験会場からなるべく近くにあるホテル

特に、受験のために宿泊する場合は、受験当日に遅刻なく会場に行くのが大切です。

というのも、意外と遅刻が原因で受験に落ちることが多いのです。

慣れない土地に一人で行く場合は、電車に乗り遅れたり、乗る電車を間違ってしまうと遅刻の原因になります。

特に地方から東京や大阪に行く場合は、電車の乗り方に戸惑う人が多いです。

なるべく遅刻のリスクを取り除くために、受験会場から近いホテルを予約しましょう。

電車の乗り換えがない、徒歩で行けるなどが理想的です。

近くに歓楽街がないホテル

歓楽街が近くのホテルは、何かとトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

そのため、予約しようと思っているホテルの周辺情報を確認してから予約するようにしましょう。

とはいえ、土地勘のない場所だと判断ができないと思います。

その際は「〇〇ホテル 周辺情報」などとGoogleやホテルのクチコミを調べてみましょう。

個室のみのホテル

学生プランなどでは、個室のみのホテルではなく、ドミトリー型のゲストハウスのようなホテルもあります。

確かにビジネスホテルよりは安いことが多いですが、騒音がうるさい・勉強できる机がないなど、勉強に集中できる環境ではないので、あまりお勧めできないです。

できれば、個室のみのビジネスホテルを最低ラインで検討してみてください。

リラックスできるように、大浴場があるビジネスホテルだと受験生にとって最高の環境だと思います。

例えば、低価格にも関わらずキレイな個室で大浴場がある「ドーミーイン」というビジネスホテルなどは人気があります。

レビュースコアが低すぎないホテル

ホテル予約サイトのレビュースコアは必ず参考にしてください。

かなり精度の高い情報源です。

レビュースコアが低いホテルは、やはり居心地が悪かったり、客室内が汚い・臭いなど環境的によくないことが多いです。

客室に勉強できる机があるホテル

ほとんどのビジネスホテルには、勉強できる机が客室内にありますが、ないホテルもあります。

机がないと勉強できないので、予約前に机があるか確認しておきましょう。

まとめ

親権者の同意書は絶対に用意しましょう。

また、ホテルを選ぶときは、以下5つは必須です!

  1. 受験会場からなるべく近くにあるホテル
  2. 近くに歓楽街がないホテル
  3. 個室のみのホテル
  4. レビュースコアが低すぎないホテル
  5. 客室に勉強できる机があるホテル

最高の準備をして受験に臨めますように。

無料で使える超集中タイマー

勉強・作業・仕事が捗るとして有名なポモドーロメソッドを採用したタイマーをYouTubeにアップしています。

誰でも無料で使えますので、集中して取り組みたいときはぜひご活用ください。

今後は様々なパターンで展開していきますので、チャンネル登録していただけると幸いです。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる