ゲインスカイ(GAINSKY) 口コミ・評判

ゲインスカイの口コミ・評判を徹底検証!詐欺の可能性やメリット・デメリットを解説

ゲインスカイ(GAINSKY)は、仮想通貨とドルのFXトレードを行ってくれるドイツに本社を置く資産運用会社です。

パートナー
「これまで投資に参加しているユーザーがマイナスになってないのでおすすめですよー」

と、付き合いの長い信頼できるビジネスパートナーである投資家の方からご紹介してもらいました。

その時は、いくら投資で実績がある投資家であったとしても、とても胡散臭く感じ、ついにそっちの方に進んでしまうのかとショックを受けました。

最初は拒んでいたのですが、実際に配当が入ってきている証拠などを見せてもらううちに、少し興味が湧いてきたものの

「いや、でもな。海外の投資案件か…。しかも仮想通貨絡みということはポンジスキームの可能性もあるのでは?」

と、最初は完全に怪しいと疑っていました。

しかし、詳しく話を聞いてみると・・・

  • 投資をした金額が放ったらかしで20日間で3~10%増える
  • 取引状況をリアルタイムで閲覧できる
  • 全員がマイナスにならない巧みな仕組みがある
  • 投資している期間以外は自由に出金できる

など、ちまたの詐欺投資案件とは違い、ブラックボックスが限りなく少なく、非常に透明性が高い優良企業だと知りました。

しかし!

ご紹介いただいた投資家の方からのお話は、いつも優良な案件ばかりとはいえ、自分の大事なお金を投資するので、慎重になるのは当然です。

ゲインスカイを始める前に、口コミや評判を2ヶ月かけて徹底的に調べました。

そして、私が出した結論は詐欺ではない信頼できる会社だと判断。

今では順調に資産を増やすことができています。

そこで、当記事では、ゲインスカイが詐欺案件ではない理由と、実際に私自身も投資して感じているメリット・デメリットについてご紹介します。

ちゃんとデメリットも存在しているので、ぜひデメリットの部分もしっかりとご確認ください。

目次

ゲインスカイが詐欺案件ではないと判断した理由

私が詐欺ではないと判断したのは、2点です。

  1. ゲインスカイが飛んで得られるメリットよりも飛んだことによるデメリットの方が損失である
  2. 投資金を持ち逃げ出来ない

ゲインスカイの仕組みを知れば、飛ばない方が都合が良いと判断できますし、そもそもお金を持ち逃げできないような体制になっています。

分かりやすく解説します。

1:ゲインスカイが飛んで得られるメリットよりも飛んだことによるデメリットの方が損失である

ゲインスカイの仕組みとして、私たち投資家のお金はゲインスカイを経由してリーガルコアマーケット社という証券会社に預けられます。

そして、ゲインスカイは外部からトレードを行っているのですが、取引を行う度に取引手数料がリーガルコアマーケット社に取られ、リーガルコアマーケット社の利益になります。

しかし、発生した取引手数料の一部がゲインスカイにキャッシュバック(リベート)されます。

つまり、ゲインスカイが取引をすればするほど、リーガルコアマーケット社からゲインスカイに取引手数料の一部がキャッシュバックされ、ゲインスカイがが儲かるようになっています。もちろん証券会社もどんどん儲かります。

つまり、取引回数と運用額を増やせば増やすほど、ゲインスカイもリーガルコアマーケットも儲かるような仕組みになっています。

つまり、飛んでしまえば、ユーザーから預かるお金の入り口、つまりさらに増える儲けの源泉が途絶えるため儲けが減ります。

ゲインスカイもリーガルコアマーケットもユーザーを増やせば増やすほど儲けが大きくなるので、飛ぶメリットが全くないということです。

2:投資金を持ち逃げ出来ない

ゲインスカイは、証券会社のリーガルコアマーケット社にユーザーの投資金を預けて外部からトレードしているため、投資金に触ることができません。

つまり、持ち逃げする事が出来ないのです。

しかも、MT4アプリで取引状況をリアルタイムで閲覧できるようになっているため、不正のしようがありません。

以上の理由で、ゲインスカイが詐欺ではないと判断しました。

ゲインスカイの口コミ・評判

良い口コミと悪い口コミをまとめてみました。

良い口コミ・評判

【総評】良い口コミ・評判

ゲインスカイの良い口コミや評判は、実際に運用している人が「〇〇ドル増えた」「運用金額に対して○%だった」と、証拠画像と一緒にアップしている人が多く、生々しい声が多いです。

そして、肯定的な口コミ・評判が圧倒的に多い印象です。

悪い口コミ・評判

運用成績が良くない時でも、20日間で約2.9%のプラスという数字はすごいですね。

これは非常に共感できます。

ゲインスカイの特徴は、劇的に大きく稼ぐというギラギラした感じではなく、堅実に安定して安全に増やすという感じなので、面白味がないんですよね。

珍しくマイナスになった時期もあります。コロナの影響もあるのかもしれません。

逆に、マイナスになる時期があったということは、数字をごまかしていないということなので、ある意味安心できる気がします。

Cチームはリスクが一番高い投資チームなので、リスクがあるのを理解しておくといいかもしれませんね。

【総評】悪い口コミ・評判

一部では悪い口コミ・評判もあり、つぶさにチェックしました。

私は職業柄、インターネットを使ったマーケティングの仕事をしているのでよく分かるのですが、悪い口コミ・評判を書いている人には共通点があります。

ゲインスカイのことを落とすようなことを書いて不安を煽り、別の案件など自分の紹介したい商材に誘導している。

というもの。

情報商材の口コミ・評判サイトやブログに良く見受けられる古典的なインターネットマーケティングの手法です。

悪い口コミ・評判を書いている人は、実際にゲインスカイに投資をしているかどうかで判断してみると、客観的な部分が見えてくるかもしれません。

実際に投資をしないと分からないことがありますからね。

また、ネットストーカーのような人も存在し、影響力のある人がゲインスカイをやる前に紹介した別の投資案件で失敗した腹いせで、引きずり降ろそうとしている人もいます。

あくまでも投資案件なので、私としてはゲインスカイは優良な投資案件だと判断して参加していますが「ゲインスカイは絶対に参加すべき!」とは口が裂けても言えません。

色んな角度からの視点で判断されてみてください。

ゲインスカイのメリット・デメリット

最後にゲインスカイのメリット・デメリットを端的にご紹介します。

メリットだけではなく、デメリットの部分にもしっかりと着目してください。

10のメリット

  • 運用手数料が無料
  • キャンペーンリベートがある
  • 緑チームでマイナスの場合は全額補填
  • 20日間で平均3~8%資産が増える
  • ユーザーの投資金は証券会社に預ける金融セキュリティ
  • 自分でリスク管理ができる
  • ロスカットがあるため大きな損失が出ない
  • オプションで元本に保険がかけられる
  • 入出金が簡単で出金遅延が一度もない
  • 紹介で報酬がもらえる

一つずつ端的に解説しますね。

運用手数料が無料

例えば、銀行などで紹介される投資信託だと手数料が高いです。手数料が高いものだと3%以上取られる金融商品もあります。

仮に運用利益が出ていたとしても、運用利益率よりも手数料率が上回りマイナスになることがあります。

他の投資案件でも、トレードの成果により手数料が取られるものがスタンダードです。

しかし、ゲインスカイでは運用手数料がかかりません。

トレードで生まれた運用利益は全て私たちユーザーに還元されます。

どんな投資を選ぶにあたっても重要なことですが「手数料の有無」によって、資産の増減がかなり影響を受けます。

投資をする理由として

  • 老後に向けた資産運用
  • 銀行に眠らせておくのは非効率
  • お金に働いておらいたい

などの動機があると思いますが、手数料を多く取られてしまっては、何のために投資をしているのか分からなくなります。

手数料がかからないという点は、多くの投資家の注目を集めていますし、ゲインスカイが人気の理由の一つです。

さらに、次にご紹介するキャンペーンリベート(取引手数料のキャッシュバック)もあり、かなりの好条件で資産を増やすことができます。

キャンペーンリベート(取引手数料のキャッシュバック)がある

FXをやったことがある方は、ご存知だと思いますが、取引するごとに手数料が発生します。

これが取引所の儲けとなって、通常はユーザーに還元されることはありません。

しかし、ゲインスカイでは、取引手数料がキャッシュバックされる制度が設けられています。

キャンペーンリベート(CR)という制度があり、運用金額によって利率が2.5%〜4.5%と変動しますが、運用利益に上乗せされた分が配当利益としてもらえます。

例えば、運用利益が2%だったとしても、キャンペーンリベート分の2.5%〜4.5%が上乗せされて、実質の配当利益が4.5%〜6.5%になるのです。

滅多に損失を出さないゲインスカイですが、仮に運用利益が-1%になって損失になってしまったとします。

しかし、キャンペーンリベート分の2.5%〜4.5%が上乗せされて、実質の配当利益が1.5%〜3.5%になるのです。

このキャンペーンリベートの制度があるため、損失が出たユーザーが限りなくゼロになっているという仕組みになっています。

緑チームでマイナスの場合は全額補填

さらに、最低投資金額30,000ドル(約330万円)が必要な緑チームのみですが、運用で損失が出た場合は、ゲインスカイが全額補填されます。

そのため、緑チームで運用すれば実質マイナスはゼロです。

むしろ、キャンペーンリベート分があるため「負けない投資」となっています。

緑チームに関する詳細は「ゲインスカイ緑チーム(Dチーム)の運用実績・月利・メリット・デメリット」で分かりやすくご紹介しています。

ゲインスカイ緑チーム(Dチーム)の運用実績・月利・メリット・デメリットを解説

続きを見る

20日間で平均3~8%資産が増える

ゲインスカイが公開している全4つの投資チームにおいて、全期間で運用実績の統計データを取ってみたところ、投資に参加して20日間で平均3〜8%資産が増えています。

ユーザーの投資金は証券会社に預ける金融セキュリティ

私たち投資家のお金はゲインスカイを経由して、証券会社に預けられ取引が行われます。

そのため、ゲインスカイがお金を持ち逃げしたり、不正利用できないようなセキュリティ環境が整えられています。

また、MT4アプリでリアルタイムの取引を閲覧できるようになっているため、安心安全です。

自分でリスク管理ができる

ゲインスカイの投資は、リスク許容度に合わせて4つのチームを自分で選べるようになっています。

ロスカットがあるため大きな損失が出ない

全てのトレードにおいてリスクを最小限に抑えながら配当を確保しています。

ロスカット厳守+配当には制限を設けていないため、大きな損失を出すリスクなく、利益を最大化することができます。

オプションで元本に保険がかけられる

有料でのお申込みとなりますが、元本に保険がかけられる制度が設けられています。

投資案件に保険がかけられる事自体、かなり珍しいことです。

入出金が簡単で出金遅延が一度もない

ゲインスカイへの入金は、ビットコイン(BTC)で入金します。

ビットコインをお持ちでない方は、コインチェックやビットフライヤーなどの日本の取引所でビットコインを購入し、送金する必要があります。

仮想通貨に触れるのが初めての方にとっては、やや面倒かもしれませんが、送金方法はとても簡単です。

出金は

  • ビットコイン
  • ゲインスカイが発行しているデビットカード
  • USDT(テザー)

の3種類から自分の好きな方法を選べます。

紹介で報酬がもらえる

ゲインスカイはアフィリエイトの仕組みを採用しているため、紹介者を出せば、自己資金での運用利益以外の報酬がもらえるようになっています。

もし、さらに利益を伸ばしたい方は、紹介で報酬を得られます。

6つのデメリット

ゲインスカイで投資をする際には、しっかりとデメリットがあります。投資案件なので当然です。

運用する上での注意点と合わせて見ていきましょう。

全部で5つあります。

  • 登録から7日以内に入金がないとアカウントが削除される
  • 運用のスタートは月・水・金・日曜のみ
  • 運用期間中は資金の引き出しが出来ない
  • 出金完了まで通常20営業日かかる
  • 運用後はMT4のパスワードがリセットされる
  • 地味すぎ&やることが無さすぎて面白味がない

それぞれ詳しく解説します。

登録から7日以内に入金がないとアカウントが削除される

ゲインスカイの会員登録後から7日間入金がないと、アカウントが削除されしまいます。

完全に謎のシステムなのですが、決まりなので仕方ありません。

登録後は速やかに入金作業を行いましょう。最低1,000ドル相当分のBTC(ビットコイン)で入金が必要です。

入金方法は「ゲインスカイ(GAINSKY)の入金・送金方法まとめ」で図解入りで分かりやすく解説しています。

ゲインスカイ(GAINSKY)の入金・送金方法を図解入りで分かりやすく解説|ビットコインでの入金

続きを見る

投資運用のスタートは月・水・金・日曜のみ

仮想通貨、FX、株など一般的な投資の取引は、自分の好きなタイミングでトレードできますが、ゲインスカイは投資運用のタイミングが曜日で決められています。

好きなタイミングでスタートできないので「何で?」と思うはずですよね。これも決まりなので仕方ありません。

緑チームは日曜のみなので、週1回しかタイミングありません。

赤・黄・青チームは月・水・金曜の週3回タイミングがあります。

運用期間中は資金の引き出しが出来ない

ゲインスカイでのトレードは、赤・黄・青チームは20日間。緑チームは80日間行われます。

トレード期間中は何があっても資金を引き出すことが出来ません。

自分のタイミングで引き出せないのもゲインスカイのデメリットですね。

とはいえ、配当を待っていればいいだけなので、安心です。

出金完了まで通常20営業日かかる

ゲインスカイにある残高を出金したい場合は、通常20営業日かかります。

最短3営業日で出金可能ですが、出金手数料が5%取られるのがデメリットです。

運用後はMT4のパスワードがリセットされる

MT4で取引状況を確認したい人だけのデメリットですが、20日間の運用が終了するとMT4のパスワードがリセットされます。

運用ごとにMT4のパスワード設定をしなければいけないのがやや面倒です。

ただし、MT4で取引状況を確認しなくてもいい人にとっては、何もデメリットはないです。

地味すぎ&やることが無さすぎて面白味がない

ゲインスカイは、ギャンブル性のない投資案件なので、配当利益が爆伸びすることがなく、とても地味に資産が増えていきます。

そして、放ったらかしなので、やることが全くありません。

そのため、仮想通貨のFXトレードをご自身でやられている場合は、全く面白味を感じることができないと思います。

ただし、紹介報酬を得ることができるようになっているので、紹介者を増やすチャレンジをしてみるのもありかもしれませんね。

まとめ

ゲインスカイに関する情報を色々と書いておりますので、以下の「ゲインスカイ関連の主なコンテンツ一覧」から、ご自身の状況に合わせて、知りたい情報をチェックしていただければと思います。

もしゲインスカイを始められる方は、以下からご登録できます。

ゲインスカイを始める方はこちらから

ゲインスカイを始められたい方は「今すぐゲインスカイに登録する」をボタンをクリックしてご登録を進められてください。

以下のリンクからご登録された方で、ご希望の方にはLINEグループにご招待します。ご連絡くださいませ。

今すぐゲインスカイに登録する

 

登録する際に、分かりやすいマニュアルを見ながら進めたい場合は「新規登録(アカウント開設)方法まとめ」を見ながらだと、スムーズに進めることができます。

ゲインスカイ(GAINSKY)の新規アカウント登録・KYC認証方法を図解で分かりやすく解説

続きを見る

ゲインスカイ関連の主なコンテンツ一覧

-ゲインスカイ(GAINSKY), 口コミ・評判

Copyright© 経済的自由の扉|暗号通貨・投資情報サイト , 2020 All Rights Reserved.