ゲインスカイ(GAINSKY)

ゲインスカイのデビットカード(銀聯カード)発行方法とメリット・デメリットを徹底解説

当記事では、ゲインスカイ(GAINSKY)のデビットカードを発行する方法やメリット・デメリットについて、分かりやすく解説しています。

ゲインスカイのデビットカード(銀聯カード)の価値とは?

投資案件や仮想通貨取引所などでデビットカードの付帯はなかなかありません。

そんな中で、ゲインスカイ会員は、国際ブランドの一つであるUnionPay(ユニオンペイ)が付帯したデビットカードを発行することが可能です。

通称「銀聯(ぎんれい)カード」とも呼ばれています。

ユニオンペイは、世界第二位の国際カードブランドで、VISAの次となっています。MasterCardやAmerican Expressよりも上です。

投資会社や取引所などでは信用性が無いとデビットカード発行はできない中、ゲインスカイで発行できるということは、相応の信頼性がある証です。

ゲインスカイで発行できるデメリットカード(銀聯カード)2つのメリット

  • 運用益をカードにチャージしてお店で使える
  • ATMで現金を引き出すことができる

ゲインスカイでもらえる配当や報酬を発行した銀聯カードに出金可能で、カードに直接チャージされます。

チャージされたお金は、コンビニなど銀聯カード(ユニオンペイ)に対応可能なお店で利用できるだけではなく、ATMで現金を引き出すことも可能です。

ゲインスカイで発行できるデビットカード(銀聯カード)4つのデメリット

  • カード発行手数料に40ドルかかる
  • ATM手数料が約400円かかる
  • パスポートがないと発行できない
  • 21歳以下は発行できない

カード発行手数料やATMで現金を引き出す際にお金がかかります。

ただし、カードで決済する場合は手数料がかからないので、そのまま使うのが良いですね。

そして、デビットカードを発行するにあたり、身分証明書が必要なのですが、現状ではパスポートのみの対応です。

パスポートがないと発行できないので、人によってはデメリットです。

ゲインスカイのデビットカード(銀聯カード)発行手順

STEP1:「発行申請ページ」にアクセスする

ゲインスカイのデビットカード(銀聯カード)の発行申請はこちらのページからできます。

リンク:デビットカード申請

うまくページに行けない場合は、会員ページの上部メニューバー「マイプロファイル」⇒「銀聯カード」でアクセスできます。

STEP2:必要事項を入力する

全29項目を上から順番に入力します。

全てローマ字で入力する必要があります。

入力を終えたら「次へ」をクリックします。

STEP3:パスポートの写真データをアップロードする

  • パスポートの個人情報が記載された見開き2ページの写真
  • 自分の顔写真

をアップロードします。

画像は文字が鮮明に読めるように、明るい場所で影が写り込まず、光で文字が飛ばないように撮影してください。スマホでの撮影でもOKです。

画像の文字が読めない状態や証明証の端が切れている場合などは、再提出を求められる可能性が高いです。

上記ポイントをしっかりと抑えて撮影してください。

STEP4:規約を読んで「提出」をクリックする

規約が書かれたページが表示されるので、一番下までいきます。

チェックボックスにチェックを入れて「提出」ボタンをクリックすれば完了です。

ゲインスカイの新規登録はこちらから

ゲインスカイに新規登録する場合は「今すぐゲインスカイに登録する」をボタンをクリックしてください。

今すぐゲインスカイに登録する

 

登録する際に、分かりやすいマニュアルを見ながら進めたい場合は「新規登録(アカウント開設)方法まとめ」を見ながらだと、スムーズに進めることができます。

ゲインスカイ(GAINSKY)の新規アカウント登録・KYC認証方法を図解で分かりやすく解説

続きを見る

ゲインスカイ関連の主なコンテンツ一覧

-ゲインスカイ(GAINSKY)

Copyright© 経済的自由の扉|暗号通貨・投資情報サイト , 2020 All Rights Reserved.