ゲインスカイ(GAINSKY) ゲインスカイとは?

ゲインスカイとはどんな会社?投資運用・リスク・配当の仕組みを分かりやすく徹底解説

当記事ではゲインスカイについての情報を細かくまとめ、分かりやすく解説しています。

こんな方におすすめ

  • ゲインスカイを怪しいと思っているけど少しだけ興味がある
  • どのようなリスクがあるのか知りたい
  • どんな投資案件なのか具体的に知りたい

そんな方に向けて、分かりやすく丁寧に解説していますので、一緒に見ていきましょう。

ゲインスカイの投資は、すごく地味!

しかし、損失を出すことなく着実に資産が複利で増えていきます。

そのため、ギャンブル性の高いハイリスク・ハイリターンの投資ではなく、安心安全に投資運用したい人には向いています。

目次

ゲインスカイとは?会社情報や関係会社の相関図をご紹介

ゲインスカイは、優秀なプロのトレーダーチームが、仮想通貨(暗号通貨)のFX投資を代行して行う資産運用を提供している会社です。

私たちユーザーがトレードをするわけではないので、仮想通貨の自動売買トレードと言った方が分かりやすい人もいるかもしれません。

トレードは、ツールによる自動売買ではなく、プロトレーダーがトレードします。

そんなトレードサービスを提供するゲインスカイの正式名称は、「ゲインスカイインベストメント(GAINSKY INVESTMENTS)」と言います。

ゲインスカイインベストメント(GAINSKY INVESTMENTS)はいつから?設立時期と本社所在地

2018年9月にヴァージン諸島で設立され、ドイツのベルリンに本社を置く投資会社。

大手資産管理やトレードサービスを提供し、敏腕経営で急成長している企業です。

中国、インドなどアジア各国への市場の拡大により、ゲインスカイの総運用資産は、2018年末に約1,200億円を超え、さらに成長を続けています。

日本では2019年5月に正式にサービスを開始しています。

本社所在地の住所:Kurfurstendamm 56, 10707 Berlin

また、アジアにも支社があり、マカオの隣にあるジュハイという中国の都市にあります。こちらも住所が記載されています。

支社所在地の住所:珠海市香州区九州大道中1009号

ゲインスカイインベストメント(GAINSKY INVESTMENTS)のホームページ

ホームページはこちらから閲覧できます。

日本語表記に対応しているので、英語が苦手でもストレスなく確認できます。

公式:ゲインスカイのHP

会社の登記はイギリス領のヴァージン諸島

タックスヘイブンの地として有名なヴァージン諸島に会社の登記があります。

上記画像はヴァージン諸島の金融ライセンスを確認できるHPから引用したものです。

  • 許可番号(Certificate ID):35C1DC0AB4
  • 登記番号(Company No.):1992273

引用元:ゲインスカイの登記情報

ゲインスカイインベストメント(GAINSKY INVESTMENTS)は怪しくない?信頼性はどうなのか?

タックスヘイブンの地として有名なため「正体不明で怪しいペーパーカンパニーがたくさんあるところでしょ?大丈夫なの?」と私がゲインスカイを初めて知った時は不安になりました。

しかし、ヴァージン諸島では、2017年よりペーパーカンパニーの設立は難しくなり、政府がきちんと管理している状態になっています。ゲインスカイの設立が規制が厳しくなった後の2018年です。

また、政府の介入により、税関係の個人・法人情報は、政府規制当局の監視下に置かれることになり、事実上タックス・ヘイブンとしての歴史に終止符を打ったとも言えます。

つまり、悪いことができなくなっているということです。

意味不明な制度がない

色んな投資運用案件がありますが

  • 誰かを紹介しないと元本を出金できない
  • 稼げないどころか損失続き
  • 取引状況が確認できない

などのトラブルは今のところ一切ありません。

怪しくてやってみないと分からないブラックボックスがたくさんある投資案件はたくさんありますが、ゲインスカイは透明性が高いです。

ゲインスカイには保険(信託保全)を付けられる

ゲインスカイでは銀行のペイオフのような保険をつけることができます。

ペイオフとは、破綻した金融機関に代わって、預金保険機構が預金者に預金を一定額まで払い戻す制度のこと。

FXや仮想通貨の業界では、個人の口座に保険をかけられることを他では見たことがないので、万が一、ゲインスカイが破綻したり飛ぶようなことがあっても、自己資金の安全性がかなり高いということです。

保険会社はケイマン諸島のNIA(National Insurance Alliance)

NIAは、イギリスのケイマン諸島のCIMA(金融庁にあたる官庁)の認可を受けている保険会社です。

ケイマン諸島のCIMAの基準は非常に厳しく、認可が下りる企業も少ないです。世界的に銀行や証券会社の中枢と言われているだけあります。

NIAの顧客には、各国の投資会社や海外レンタカー会社では有名な「SiXT」などを抱えています。

リンク:NIAのHP

ケイマン諸島のCIMAの厳しい基準を持つ保険会社が、ゲインスカイを受け入れたという事実が何よりの信頼の証ですね。

ゲインスカイの運営相関図

ゲインスカイに投資する場合は、ゲインスカイを経由してリーガルコアマーケット(REGAL CORE MARKETS)という証券会社に流れて運用されます。

他の投資案件では、取引が公開されていないことが多く、本当に運用されているのか疑問だらけで不安がありますが、ゲインスカイはリアルタイムで取引が確認できます。

取引の様子はリアルタイムでMT4アプリで閲覧できるガラス張り状態。不正できないようになっています。

ゲインスカイが資金を持ち逃げできないようになっている

私たちゲインスカイのユーザーは、ゲインスカイに登録した段階でリーガルコアマーケット社の個人口座も開設されます。

そして、資金は全てリーガルコアマーケット社の自分専用口座に着金。

ゲインスカイのプロトレーダーに外部から運用してもらうような構造になっています。

そのため、ゲインスカイ側では、私たちユーザーのお金に触れることができないようになっており、持ち逃げや不正ができない万全な仕組みです。

もし、ゲインスカイが破綻したり飛んだ場合、元本はリーガルコアマーケット社の口座に残ります。

万が一のことがあったら、リーガルコアマーケット社から直接資金を出金できるとのことです。

リンク:リーガルコアマーケット社のHP

ゲインスカイが提供しているFXトレードサービスの仕組み

ゲインスカイが堅実で優良な投資案件として人気な理由は

  • トレードの特徴
  • トレードの手法

にワケがあります。それぞれ分かりやすく解説します。

トレードの特徴は「仮想通貨⇔法定通貨」

ゲインスカイのトレードは、仮想通貨(暗号通貨)と法定通貨のトレードを行っています。

FXトレードの主流が「米ドル⇔円」「ユーロ⇔円」という外貨通貨間なので、トレードと聞くとそのイメージが強いかもしれません。

しかし、ゲインスカイでは「各仮想通貨⇔米ドル」のトレードです。

取引例は上記画像のような感じで、トレードを行う仮想通貨は

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • EOS(イオス)
  • XRP(リップル)
  • DASH(ダッシュ)

など様々です。

「各仮想通貨⇔米ドル」でトレードを行い、差益を取っていくようなモデルです。

トレードの手法は「スキャルピング」でレバレッジをかけない低リスクを採用

ゲインスカイのトレード手法は

  • スキャルピング
  • レバレッジ1倍

という手法を採用しています。

スキャルピングとは短時間トレードです

取引手法はスキャルピングです。

スキャルピングとは、数秒から数分程度の短い時間に、何度も売買を繰り返し利益を積み重ねるトレード手法です。

スキャルピングの語源であるscalpには「頭皮を剥ぐ」という意味があり、薄い皮を何枚も剥ぐように、わずかな利幅を狙った細かい取引によって薄い利益を蓄積していくことから名付けられています。

値動きの激しい仮想通貨なため、短時間でも利益が見込めるメリット。なるべくリスクを取らないメリットがあります。

レバレッジは1倍でとても地味に運用されていく

ゲインスカイではレバレッジを使用せず1倍でトレードを行います。

FX取引トレードの基本は、レバレッジを100倍以上かけて行うのが王道です。その方が利益がたくさん取れるからです。

しかし、レバレッジをかけて行うと、利益がたくさん取れるメリットの裏側に、多額の損失を出す可能性があるデメリットもあります。

ゲインスカイのトレードは、トレードで稼ぐことではなく、可能な限りなく資産を減らすリスクを無くし、安全に投資をしていく資産運用的な側面が強いです。

そのため、ゲインスカイ投資運用で大きな損失が出ることはありません。

現状、ほとんど損失が出ていないことが、人気の理由となっています。

リスクに合わせて選べる4つの投資方法

ゲインスカイの投資運用は、リスクや運用金額によって4つの中から好きな投資チームを選べるようになっています。

投資を行うことを「キャンペーン」と呼んでいます。

レッド
(Aチーム)
イエロー
(Bチーム)
ブルー
(Cチーム)
グリーン
(Dチーム)
最低投資額
(ドル)
100 30,000
キャンペーン
エントリー可能日
月・水・金 日曜のみ
運用期間 20日 80日
リスク 普通
夜間取引 × -
投機的取引 × × -
ロスカット -3% -5% -8% -
マイナス補填 ×
平均運用成績 3.5% 4% 4.5% 【20日換算】
5.44%【80日換算】
約22%

投資運用に1回エントリーしたら、赤・黄・青チームは、20日間資金がロックされて20日後に配当が入ってきます。

緑チームは、80日間資金がロックされ、20日間ごとに配当が入ってきます。

いずれにせよ、エントリーしたら放ったらかしです。

詳しい投資方法や選び方・操作手順については「ゲインスカイ(GAINSKY)の投資運用方法・チームの選び方」を見ながら、進められてみてください。

ゲインスカイ(GAINSKY)の投資運用方法・チームの選び方の手順を分かりやすく解説

続きを見る

お試しでやってみて合わなければ最短20日間で辞めてもOK!20日後はいつでも出金可能

投資案件では、誰かをご紹介しないと資金全額が出金できなかったり、半年〜数年間の長期で資金がロックされることがありますが、ゲインスカイの場合は、運用期間が終われば全額出金可能です。

赤・黄・青チームは20日後。緑チームは80日後に元本も配当も自由に引き出せます。

出金制限がありません。

もちろん複利で更に投資金額を上げることも可能です。

出金方法については「ゲインスカイ(GAINSKY)3つの出金方法まとめ」で詳しく解説しています。

ゲインスカイ(GAINSKY)3つの出金方法を分かりやすく解説|BTC・USDT・デビットカード

続きを見る

ゲインスカイでの投資運用の損失が実質ゼロな理由と巧みな仕組み

ゲインスカイではほぼ損失が出ない仕組みになっています。

  • 投資運用で得られる3つの配当・報酬
  • 損失が出ない巧みな仕組み

という観点から、その謎を紐解いていきます。

ゲインスカイの投資運用で得られる3つの配当・報酬

ゲインスカイで得ることが出来る配当・報酬のパターンは大きく分けて3つあります。

  1. 運用益:CP(キャンペーンプロフィット)
  2. 取引手数料のリベート:CR(キャンペーンリベート)
  3. 紹介報酬ボーナス3種:RP(リワードプラン)・TDP(チームデベロップメントプログラム)・TDPC(チームデベロップメントプログラムコンプレッション)

それぞれ分かりやすく解説します。

CP(キャンペーンプロフィット)⇒運用益

ゲインスカイの投資運用で出た運用益です。例えば、FX、インデックス投資、株投資で言えば、取引でプラスになった分の利益のことです。

上記画像はゲインスカイのページ内で公開されている運用実績の履歴です。

期間によって変動がありますが、0.5〜3.6%で推移しており、そのままの%で配当を得られます。

例えば、10,000ドル(約110万円)を運用していたら50ドル〜360ドル(約5,500〜40,000円)です。

運用期間は20日間。20日で0.5〜3.6%の配当が得られるので、平均2%と考えてみるといいかもしれません。

仮に運用益を出金せずに複利で運用していった場合にどうなるのかをシュミレーションしてみましょう。

CPを1年間複利で運用した場合

1年間で運用利益が295,060円になります。元本の1.2682倍(約26%増)です。

CPを2年間複利で運用した場合

2年間で運用利益が669,268円になります。元本の1.6084倍(約60%増)です。

CPを3年間複利で運用した場合

3年間で運用利益が1,143,854円になります。元本の2.0399倍(約100%増)です。

一見、地味な投資運用に見えますが、3年間運用し続けると2倍になるのは驚異的な数字ですね。

CR(キャンペーンリベート)⇒取引手数料のリベート

トレードには、1回あたりのトレードに取引手数料が必ずかかります。

そして、証券会社によっては、取引手数料の一部をリベート(キャッシュバック)してくれる会社があります。

ゲインスカイは、提携している証券会社のリーガルコアマーケット社とリベート契約を結んでいるので、私たちユーザーも取引手数料の一部を受け取ることができます。

ゲインスカイは大口取引をしているので、リベートで得られる率がかなり高額です。

CRの内訳:運用額に対して2.5〜4.75%

ゲインスカイの魅力的でユニークな部分は、CR率が高いことです。

どんなに優秀なプロトレーダーでも、常勝というわけにはいきません。必ず負ける時があります。

しかし、短時間で多くの取引をするトレード手法を採用しているため、その分、取引手数料もかかっています。

そして、取引手数料の一部が私たち投資家ユーザーのもとに還元されます。還元率は以下の通り「運用額」で決まります。

運用額ごとのCRの内訳

  • 1000~4,999ドル:2.5%
  • 5000~9,999ドル:2.75%
  • 10,000~49,999ドル:3%
  • 50,000~99,999ドル:3.25%
  • 100,000~499,999ドル:3.5%
  • 500,000ドル以上:3.75%
  • 緑チーム:さらに+1%

例えば、10,000ドル分の投資運用を行っている場合、3%(300ドル)が私たち投資家ユーザーに還元される額です。

運用益がマイナスでも実質マイナスにならない理由

例えば、10,000ドルの取引が一回行われると、証券会社のリーガルコアマーケット社に約0.7%(70ドル)の取引手数料が発生します。

そして、ゲインスカイはリーガルコアマーケット社から25ドルのキャッシュバックを得るモデルになっています。

そして、ゲインスカイから私たち投資家ユーザーに対して、25ドルのうち10ドルを還元することで損益を出した時の補填に充てています。

私たち投資家ユーザーが10,000ドル分の投資運用を行っている場合、300ドル(3%)を私たち投資家ユーザーに還元。

そのため、仮に運用益が-2.5%になってもCRで損失をカバーしてくれるので、実質マイナスにならないんですね。

また、ロスカットの仕組みも用意されているので、どうやっても大きな損失が出ないような仕組みになっています。

損失が出たとしても-0.5%程度です。

ゲインスカイは運用益ではなく取引回数で得られる取引手数料が狙い

  • なぜあえてゲインスカイはCRをユーザーに還元するのか?
  • そんなことする必要ないのでは?
  • 運営元の利益が減っちゃうじゃん?

と疑問に思う方もいるかもしれません。その考えは正しいです。

本来ならユーザーに還元せずに自社の利益にした方が、運営元が儲かります。

しかし、CRをユーザーに還元することで、長期運用をしてもらうことがゲインスカイの目的です。

ユーザーが短期で辞めてしまうと、ゲインスカイの運用資金が少なくなり取引が減ります。すると、得られるCRが減ってしまい、結果としてゲインスカイ側の利益も減ってしまうのです。

CRによってゲインスカイと私たちユーザーの利害関係が一致する

ゲインスカイにとっては、ユーザーを辞めさせないことが一番の利益に繋がっています。

なので、ゲインスカイからすると絶対に負けられないし、辞めてほしくないという意図があります。その方がゲインスカイ側が儲かるからです。

これで、ゲインスカイと私たちの利害関係が一致して、怪しさが払拭できると思います。

もしあなたがゲインスカイ側だったらお金を持ち逃げしますか?

非常に低リスクでトレードをして、純粋な運用益がごくわずかだとしても、取引手数料のキャッシュバックで得られる額が大きかったとしたら。

お金を持ち逃げするよりも、もっと運用額を増やして堅い運用をしていった方が儲かるのは、小学生でも理解できると思います。

なので、一部の口コミではゲインスカイがポンジスキームだと言われていますが、どう考えても持ち逃げした方が損失が大きいと私は考えています。

そして、ゲインスカイが運用資金を増やすためには、ユーザーのリピートと新たなユーザーの獲得が必要です。

そのために用意されているのが、次にご紹介する紹介報酬ボーナスです。

紹介報酬ボーナス⇒アフィリエイト報酬

ゲインスカイで得られる配当は、CP(キャンペーンプロフィット)とCR(キャンペーンリベート)がメインです。

しかし、新たなユーザー獲得や将来的に自社の取引所や銀行業務を行うことを視野に入れています。

そのため、何としてもユーザーと出資者を集めることを意図しています。

そこで、ゲインスカイの理念に賛同し、活動に協力をした人に報酬を支払うアフィリエイトも採用しています。アフィリエイトとは、ゲインスカイを紹介した人が報酬をもらえる仕組み。

つまり、ゲインスカイの広告代理店として活動できるということです。

アフィリエイト報酬の種類を細かく見ていくと長くなるので、ここでは主要なものを2つご紹介します。

  • RP(リワードプラン)
  • TDP(チームデベロップメントプログラム)

自己資金による投資運用だけでも稼ぐことができますが、紹介をしてアフィリエイト報酬を獲得されたい場合は、取り組んでみると良いと思います。

RP(リワードプラン):直紹介ボーナス

RP(リワードプラン)は、あなたがご紹介した方のCP(運用益)+CR(取引手数料のリベート)の50%が報酬としてもらえます。

例えば、あなたがご紹介した方がゲインスカイに10,000ドル投資したとします。

20日後にキャンペーンが終了し、ご紹介した方のCP(運用益)が300ドル、CR(取引手数料のリベート)が300ドル。合計600ドルの配当を受け取ることになりました。

あなたがご紹介した方は、600ドル全額を配当として受け取ります。

そして、ご紹介したあなたにも600ドルの50%分、300ドルがゲインスカイから報酬がもらえます。

自分の運用額に関わらず必ず50%もらえます。

単発報酬ではなく何回も受け取れる

この報酬は、ご紹介した方がキャンペーンに参加するたびにもらい続けることができます。

そのため、ご紹介した方が20日間のキャンペーンに12回参加すれば、12回分もらえるということです。

普通のアフィリエイトなら、一度紹介して終わりますが、永続的にもらえるのが嬉しいですね。

あなたがご紹介した方の配当が減るわけではないので、ご安心ください。ゲインスカイの収益の中から支払われます。

TDP(チームデベロップメントプログラム)

紹介系列 自分の運用額
1,000ドル 10,000ドル 100,000ドル
1 25% 37.5% 50%
2〜3 10% 15% 20%
4 5% 7.5% 10%
5〜8 2.5% 3.75% 5%
  • 自分が運用している額によって変動
  • 自分の紹介者の8代下までの配当%をもらえる

例えば、あなたが10,000ドル運用していたとして、あなたが紹介した方が600ドルの配当を得たとします。

あなたは、上記表の赤色部分の37.5%の報酬をもらえるので、225ドルがRPとは別にもらえます。

そのため、RP+TDPの合計525ドル(87.5%)の報酬を受けることができます。

10,000ドル投資運用を行う人を2名ご紹介した場合

「525ドル×2名分」=1,050ドルが紹介による報酬です。

さらに自分のCP(運用益300ドル)+CR(取引手数料のリベート300ドル)があるので、1,650ドルを受け取れます。

10,000ドル投資運用を行う人を2名ご紹介+ご紹介した人が10,000ドル投資運用を行う人を1名ずつご紹介した場合

「525ドル×2名分+90ドル×2名分」=1,230ドルが紹介による報酬です。

さらに自分のCP(運用益300ドル)+CR(取引手数料のリベート300ドル)があるので、1,830ドルを受け取れます。

紹介報酬ボーナスを払いすぎて破綻しないの?

しっかりとゲインスカイ側にお金が残るように考えられているので、心配する必要はありません。

私たちが思っている以上に取引手数料のキャッシュバックが大きいということです。

ゲインスカイの新規登録はこちらから

ゲインスカイに新規登録する場合は「今すぐゲインスカイに登録する」をボタンをクリックしてください。

今すぐゲインスカイに登録する

 

登録する際に、分かりやすいマニュアルを見ながら進めたい場合は「新規登録(アカウント開設)方法まとめ」を見ながらだと、スムーズに進めることができます。

ゲインスカイ(GAINSKY)の新規アカウント登録・KYC認証方法を図解で分かりやすく解説

続きを見る

ゲインスカイ関連の主なコンテンツ一覧

-ゲインスカイ(GAINSKY), ゲインスカイとは?

Copyright© 経済的自由の扉|暗号通貨・投資情報サイト , 2020 All Rights Reserved.