HELO LX 製品情報

HELO LX 絶大なる機能性とメリットとは?ウェアラブル業界の最先端を走るワールドグローバルネットワークの底力

更新日:

ワールドグローバルネットワーク社、通称WGN社。この会社の製品を使っている人、健康に気を使っている方に多いですよね。もちろん私もBioZen(バイオゼン)など全ての製品を愛用しています。

今回ご紹介する最先端ウェアラブルウォッチ「HELO LX」について調べると、ブログやクチコミで聞こえてくるのは英語のサイトばかりでよく分からないですよね。

また、検索して出て来る日本語のサイトでは良い評判ばかり。なぜこんなにも評価が高いのでしょう? 何かデメリットはないのでしょうか?

人気の秘密を紐解き、絶大な機能性をが誇る「HELO LX」の全てを解説いたします。

HELO LXを持つべき人、持つべきでない人

HELO LXは、価格が199ドル(約23,000円=1ドル113円計算)と、アップルウォッチなどの一般的なウェアラブルウォッチと比較しても安価な価格帯です。

しかし、一般的なウェアラブルウォッチと比較し、他の製品を圧倒する機能が多数存在するわけですが、それらの機能を充分な実用性やメリットと感じられる人と感じられない人がいるはずです。

その分水嶺は「ウェアラブルウォッチの機能と実用例をどこまで知っているか?」どうかにかかっています。

もしもあなたが「いや、そんな高級ウェアラブルウォッチじゃなくて、スマートウォッチ、フィットネスリストバンド程度のものでいいよ。時計と歩数計くらいあれば十分だし、その方がお得でしょ?」と思う人なら、HELO LXを所持する意味はほとんどないと言っていいでしょう。

しかし、その判断はこの記事の最後まで保留にしてみてください。読めば気が変わるかもしれません。

逆に「しっかり健康管理したい」という人であれば、もう「HELO LX」を所持しない理由はありません。絶対持つべきウェアラブルウォッチと言えます。

本記事は「HELO LX」に関する全てを網羅しているので、非常に長くなっていますが、是非最後まで読んでみてください。

HELO LXの魅力は大きく分けて3つに分類できる

HELO LXは、あまりにも多くの機能があるため、5つに分けて解説していきます。

  • 健康管理機能の魅力
  • データ共有機能の魅力
  • 健康商品としての魅力

HELO LX 健康管理機能の魅力

アップルウォッチ、マイクロソフトバンド、GARMIN(ガーミン)、FITBIT(フィットビット)などの他社製品と比較してみました。

大体どのメーカーのウェアラブルウォッチも同じような機能です。

機能 HELO LX アップルウォッチ マイクロソフトバンド GARMIN FITBIT サムスン
心拍数
歩数計
消費カロリー
歩行距離
睡眠モニター

上記機能の詳細は言うまでもなくウェアラブルウォッチの魅力として認知され始めてきています。健康維持のために運動をしている人にとっては、ありがたい機能ですよね。

しかし、この時点で、アップルウォッチとサムスンのウェアラブルウォッチは他社製品と比較すると機能性が少し劣っています。そして、マイクロソフトバンド、GARMIN、FITBITはこの機能しかありません。

ですが「HELO LX」はさらに多くの機能がついています。分かりやすいように箇条書きにしてみました。

HELO LXにしかない健康管理機能

  • 心拍数
  • 万歩計
  • 消費カロリー
  • 歩数距離
  • 睡眠状態

↑ここまでは他のウェアラブルウォッチにも搭載されている機能です。以下HELO LXのオリジナル機能です。

  • 心電図
  • 血圧
  • 疲労指数
  • 気分・情緒測定
  • 遠隔監視モニター(スマホアプリで共有すると他の人の健康状態を遠隔で見れる)
  • ゲルマニウムプレート
  • ヒマラヤ岩塩プレート
  • パニックボタン
  • 緊急SOS GPSロケーション
  • 血糖値測定
  • 体温計測
  • 血中アルコール濃度測定
  • 血中酸素濃度測定
  • 蚊除け機能

これらの健康管理機能は、iPhoneやアンドロイドと連動できる専用のHELOアプリがあるため、全てスマホで閲覧&管理できるようになっています。

これら機能を搭載していると色んな所でご紹介されています。しかし、正確には、上記青字機能は、2017年5月現在は未搭載で、これから順次搭載されていく機能です。

2017年中に専用アプリかアプリサイトで順次利用可能になっていくようで、既存の機種で利用出来るようになっていくとの事。開発が遅れているわけではないと言われているので、アプリでの公開が楽しみです。

利用公開され次第、最新情報をお届けします。

医療器具での測定結果とほぼ一致の精密度

血圧を測定した結果を写した写真です。写真左が医療器具での測定。写真右がHELO LXでの測定。両者で測定してみたところ、ほぼ一致の結果となりました。

HELO LXでの計測にかかる時間はたったの40秒。血圧測定器もだいぶコンパクトになりました。

採血を必要としない血糖値測定

糖尿病の予備軍が4人に1人と言われている今の時代。日ごろから血糖値の数値を気にしている人は少なくありません。血糖値を測定するために定期的に病院に行くわけですが、血糖値を測定するだけで1万円〜2万円もかかると言われています。

ですが、このウェアラブルウォッチ「HELO LX」をつけているだけで血糖値を常時チェックすることができます。(2017年5月の段階では未搭載)

つまり、自分は何を食べたらどのくらい血糖値が上がるのか。どんな食べ合わせをしたら血糖値が上がりやすいのか。どんな時に血糖値が上がりやすいのか。

これらが自分の身体ベースでリアルタイムで把握可能となっています。つまり、一般論ではなく、自分の身体に合わせて食事管理も出来るようになったということです。

血糖値が気になっている人や頻繁に血糖値を測定しに行かれている人にとっては、喉から手が出るほど欲しくなる代物ですよね。

ちなみに、ライバル製品であるアップルウォッチが血糖値を測定可能なウェアラブルウォッチを開発中ですが、HELO LXはすでに出荷準備の段階まできているようです。下記リンクは、livedoorニュースで取り上げられていた記事です。

参考:Apple Watchで血糖値を測定できる時代がくる?Appleが特別チームを結成

腕につけるだけで体温を計測!体温計を買う必要も脇に挟む必要もなし

特に、体温をこまめに計測する女性には嬉しい機能ですよね。

HELO LXを腕につけているだけで体温を計測してくれるので、手が離せない時でも計測ができ、しかも簡単です。(2017年5月の段階では未搭載)

飲みすぎ回避!血中アルコール濃度の測定

HELO LXをつけているだけで、血中アルコール濃度が測定できるので、飲みすぎないようにチェックする事が出来ます。

また、自分がどれくらいのアルコールを摂取すると、酔いが回ったり、二日酔いになるかが数値で把握できるので、日常の健康管理の一環として活用することが出来るようになります。(2017年5月の段階では未搭載)

【搭載済】目に見えない疲労が分かる!疲労指数測定

ストレスフルな現代社会において、誰もが目に見えない疲労、自覚症状のない疲労を知らぬ間に溜め込んでしまっています。

疲労を溜め込んでいってしまうと、どうなるかはきっと少なからずご理解があると思いますが、パフォーマンスが下がるだけではなく、思わぬ病気へと発展してしまう可能性も秘めているものです。

疲労指数を把握しておくことが、健康的で質の高い生活をしていく事に直結しているのです。

【搭載済】通常の数値範囲を超えたときにお知らせしてくれる通知機能

iPhoneやアンドロイドの自社専用のスマホアプリがあり、HELO LXと連動できるようになっています。

そして、あらかじめ、自分で通常値の下限と上限を設定しておけば、設定した数値が何度か超えると知らせてくれる機能もあるのです。

では、この通知機能がどのようなシーンで役に立つのか?実際に実例がありますので、ご紹介します。

【体験者の声】HELO LXの恩恵を受けた30代タイ人男性

HELOの利用者であった上記写真のタイ人男性は、自覚症状がないにもかかわらず、心電図の異常が2度も感知されたことから、病院で検査を受けることにしたそうです。

その結果、心臓に重篤な疾患が見つかり、早期に治療を開始することができ、命に関わる病気を患わずに済んだという実例が報告されています。

通知機能には、予防医学的な役割を果たしてくれることにも繋がるという事です。

もう虫除けスプレーは不要!蚊除け機能

日本において蚊に対するイメージは、ただかゆみをもたらす生物と認識されていませんが、命の危険をもたらす生物として認識されている国々が数多く存在します。

日本ではあまり知られていませんが、人間を含めた生物による死亡要因ランキング第一位が「蚊」となっており、年間100万人以上の人が「蚊」によって命を落としています。

それほど世界的には、深刻な問題として扱われています。

「蚊」は、マラリア・デング熱・黄熱病などの病原体を媒介する生物と知られており、全世界で毎年5億人の人がに感染症に感染し、100万人以上が命を落としているのです。

特に、日本人でも東南アジア・アフリカ・南米によく訪れる方には重宝する機能になるはずです。

この社会問題・健康問題を一気に解決するためにHELO LXが誕生したといっても過言ではありません。(2017年5月の段階では未搭載)

では、数あるウェアラブルウォッチの中で、HELO LXにしかない機能がまだまだありますので、次は「データ共有機能」について解説します。

HELO LX データ共有機能の魅力

こちらは、大きく分けて

  1. 遠隔モニター機能
  2. パニックボタン機能

の2つがありますので、順番にご説明します。

大切な人と健康状態を共有!HELO LXだけの遠隔モニター機能

HELO LXはスマホアプリで逐一健康状態を数値化して計測することが出来るのですが、このデータを他人と共有することが可能になっています。

つまり、アプリでデータを共有するモニター機能を利用することで、大切な人の健康状態をチェック可能になり、設定値範囲を超えると、あなたに報告してくれるようになっています。

そのため、遠く離れた場所に住む家族の健康状態を把握できるので、安心出来ますよね。しかも、日本国内のみならず、共有する相手が海外に住んでいてももちろんOK。

この遠隔モニター機能を誰とでも共有できるのがHELO LXの特徴です。

ちなみに、高機能を誇るHELO製品ではありませんが、生命保険会社もウェアラブルには積極的で、保険プランの中にウェアラブル端末を使った保険金還付の仕組みを作ると、すでに発表されています。

東京海上日動あんしん生命保険とNTTドコモが提携した医療保険の還付精度

東京海上日動あんしん生命保険とNTTドコモは、1日の歩数が8000歩を超えると還付金が出る医療保険を売り出す方針を掲げています。

2017年8月に保険商品を取り扱う首都圏のドコモショップ(約35店)で発売し、秋から全国の代理店でも販売を順次始めるとの発表がありました。

ウエアラブル端末は無料貸与され、NTTドコモが開発したスマホ向けのアプリと連動し、2年間にわたり、1日あたりの歩数が平均で8000歩を超えると3年目に年1200~3600円程度の還付金を受け取れる保険商品です。

保険会社にとっての最大のリスクは、保険料の払い出し。つまり、お客様が入院・手術をすることなので、それを最小限に留めるための新たな保険商品が、ウェアラブルの登場によって誕生しようとしているのが今なのです。

参考:1日8000歩で還付金出る医療保険 東京海上とドコモ

いざという時に役立つ!HELO LXだけのパニックボタン機能

自分の身に何か危険が及んだ場合や何か事故や緊急時に、HELO LXの本体横にあるボタン(パニックボタン)を2回連続で押すと、パニックアラームが発動するようになっています。

パニックアラームが発動すると、アプリ内で共有している全ての人にアプリやメールで通知されます。

HELO LXにはGPS機能が備わっているので、上記写真のようにGoogleマップと連動し、度数が正確に表示されます。例えば、砂漠のど真ん中にいても正確な位置が表示されるくらい優れています。

そのため、山登りやウィンタースポーツなどアウトドアが好きな方は、万が一遭難した際でも素早く救助を要請し、正確な位置を知らせることが出来るので、見つけてもらうのに時間を要さずに済みます。

また、お子さんがいらっしゃる方で携帯電話を持たせるのに抵抗がある場合は、このウェアラブルウォッチを持たせておけば、安心出来るはずです。

ここまで、具体的な機能性の解説をしてきましたが、HELO LXには健康商品としての魅力もあるのです。

HELO LX 健康商品としての魅力

純度99.9%のゲルマニウム鉱石がHELO LXに付いているので、HELO LXを付けているだけで健康を強化してくれます。

時計のバンドによるアレルギー反応が気になる方も、アレルギー対応の低刺激性シリコンバンドになっているので、身体にも優しい作りになっています。

HELO LXを付けるとどう変わるの?

実際に、サーモグラフィにて科学的に検証したデータが出ていて、HELO LXを付ける前と付けた後とでは、手の温度に違いが出ています。

これは特に冷え性に悩まされる方にとっては、すごく魅力的なものなのではないでしょうか。冷え性対策になり体温などを計測してくれるオシャレな健康管理時計。

HELO LXを購入する方法は2種類ある

公式サイトから製品のみ購入

一つは、そのまま公式サイトから製品を購入する方法です。ここまでHELO LXについて解説してきましたが、この製品を超えるウェアラブルウォッチは、世界中どこを探し回っても今のところ存在していません。

価格は199ドル(約23,000円)です。

製品購入&ビジネスメンバー登録をする

ワールドグローバルネットワーク社の製品である「HELO LX」は、店舗で購入することができません。MLAという形態で口コミの会員制販売をしています。

これから、普及が確実とされているウェアラブル市場の製品を販売出来る権利がこの製品についています。

つまり、購入者には、今後195か国に展開していくビッグビジネスのチャンスまでついてくるのです。

まだ日本で知っている人が少ないんですよ。この素晴らしい商品を一早く扱い、ビジネスの可能性を感じた人は、この下に資料請求のリンクを貼っておくので、登録しておいてください。

動画説明会を定期的に開催していますので、順次ご案内差し上げます。

そして、当サイトから製品購入&ビジネスメンバー登録をしてくださった方限定で、ワールドグローバルネットワーク社の製品代&ビジネスメンバー登録にかかる費用を実質無料にする方法を特典で進呈しておりますので、ぜひご活用ください。

WGNに登録するかお悩みの方へ

WGN登録後に後悔している人が続出していて、お問合わせのメールが殺到しています。WGNに登録するにあたって、後悔しないための秘訣と重要なことを資料にまとめて無料で公開しています。

受け取ってくださった9割以上の方々が「受け取っておいてよかった!」と好評を頂いているので、今すぐ無料で受け取っておいてください。

-HELO LX, 製品情報

Copyright© ワールドグローバルネットワーク(WGN)ナビ|総合情報サイト , 2017 AllRights Reserved.